武蔵野両日を経て、私の気持ち。

読んでくださる方がいるかどうかは別として。
初めてブログを書いてみたいと思います。
私の個人的な感情を思ったままに綴るだけですので、あしからず。


BULLET TRAIN  ARENA TOUR 2018
Sweetest Battlefield

5/26,5/27の両日入ることが出来ました。
6人体制の彼らを見るのは、このツアーで3回目。一番初めはZepp Diver CityでのFCツアー、その次は舞浜のa kind of loveリリースイベントでした。

もちろん6人の彼らを見るのに慣れたわけではありません。ですが今回のツアーに関して、ただ単純に楽しみで仕方ありませんでした。
どんな演出なのかな。どんな衣装で、セットリストはどんな感じなんだろう。
とにかく彼らに期待を抱くばかりでした。

ここからネタバレ含みますけどいいんでしたっけ?でも書かないと何とも言いづらい。まぁそもそも読む方がいないと思うので、申し訳ありませんが書かせてください。

ライブが始まると、もうそれはそれは大盛り上がりで。初っ端からテンション高かったし、Pretty Girlで末ドジ〜〜〜!!とか言ってたり、SAY NO叫びまくったり、めちゃくちゃ楽しかったわけですよ!もうこれは声を大にして言える!本当に楽しかった!

ライブも進んでいき、口上が終わって、もちろん次の曲に行くわけで。イントロ聴いて、はっとしましたよね。One Life、これ私FCツアーで聴いて泣いたんですよ。TNE行ってないので実際には見てないんですけど、Blu-rayで見たこーちゃんがすっごく楽しそうで、いつか実際に自分の耳で聴きたいなぁなんて、思ってたんですけどね…。
1日目は、ほんとに1回も泣かなかったんです。6人を応援するって決めてから、泣くのはちょっと違うかな、と思って。だからどんな時も笑顔でいようって、そう思ってたんです。

One Lifeの次はStarlight。この曲ほんとにだめで…いやいい意味で、ですけど。(いい意味と言っていいかはわかりませんが、嫌いということではなく。)

どんなに遠く離れていても
大切なものはここに
ひとり不安になった時は
きっと思い出して

胸が苦しくなりました。
こーちゃん、忘れてないよね?あなたはすごくすごく素敵なグループにいたんだよ。
でもね、欲を言うなら、私はもっとあなたの声が聴きたかった。これから先どんなに曲を聴いてあなたを思い出しても、もう戻ってくることはないの?私は8号車になって、やっと1年経ったよ。まだ実際に聴いてない曲がたくさんあって、これから聴けるかなって楽しみにしてたの。その願いは、もう二度と叶わない?

Billion Beatsもfanfareもあなたの影を重ねてしまって、やっぱり泣かずにはいられなかったよ。Yellも、あなたの声を探してしまったよ。

ちょっと違う話をしたいと思います。
私は他事務所、ジャニーズも応援しています。今は降りてしまいましたが、ジャニーズJr.を応援していた時のことです。
私は一番新しい記憶でいくと、阿部顕嵐くんと田島将吾くんが好きでした。この田島くんについて少し。

私が彼を知ったのは、少クラを観ていた時。笑顔で踊っている可愛い子がいる!と思って調べ始め、その時深夜に放送していたガムシャラにもたまに出演していたので、それを見て、彼の一生懸命なダンスと不思議ちゃんキャラに惹かれて好きになりました。
そして、ガムシャラJ's PartyのVS公演に行った時ファンカッションをやる田島くんがとてもかっこよくて、「やっぱりこの人が好きだ。応援したい。」って思ったんです。

でも、そう決めたその一週間後、彼は事務所を退所しました。

なんでいなくなっちゃったの。これからだって、思ってたのに。

そのあと彼はまた活動を開始しました。
彼を含めて5人中4人がジャニーズ事務所を辞めた人で構成されている、こう言っては何ですがコンセプトもよくわからないグループでした。
初めは応援しようと思ってCDも買いました。でも、段々と気持ちは冷めていきました。私は、誰かのバックでも笑顔で踊る彼が好きだった。こんな形で出てきてほしかったわけじゃない。そう思いました。

こういう訳で、こーちゃんが脱退すると知った時、私は「あぁ、またあの時と同じだ」と思って、怖くなったんです。
私、こーちゃんのこと好きでいられるかな。好きでいていいのかな。そんなことを考えたりしました。

実を言うと、私最初は2,7推しだったんですよ。でも気付いたらこーちゃんが大好きになってて。まさかこんなに辛い思いするなんて、思わないじゃないですか。

上でも少し書いていますが、私はカイくん推しでもあります。というよりは箱寄りの1,2推し、のほうが正しいですね。
だからということもあって、脱退の話を友達にすると、もちろんすごく丁寧に話を聞いてくれて慰めてくれる子もいましたが、中には「でも、もう一人推しいるならまだいいじゃん!」と言う子もいました。…いや、そういう事じゃないの。違うんだよ。あなたにはわかってもらえないかもしれないけど。

the end for beginningの横アリ公演が私の初乗車でした。元々行く予定ではなかったんですが、どうしても行きたくなって、親に借金して立見席のチケットを購入しました。行くと決断して良かった。あの時許してくれたお母さんありがとう。一緒に行ってくれた友達にも感謝してます。これからもよろしくね。

横アリの時はユーキさんの怪我があった。でも、だからこそ7人の絆が見えた気がした。
あの景色が忘れられなくて、この先ももっと見ていたいと思った。さいたまスーパーアリーナも、東京ドームも、いつになるかはわからないけど、きっと7人で叶えるんだろうなって思ってたよ。私達8号車に最高のステージで、最高のパフォーマンスを見せてくれるんだって、信じてたよ。

でも嫌いになんてなれなかった。いなくなってからもどんどん好きになっていって、好きで好きで堪らなかった。おかしいですね、こんなにはまるなんて思ってもなかったのに。


武蔵野両日を終えてもう一週間経ちました。時の流れって早いですね。
この2日間を経て、私の気持ちにも変化がありました。
1つ目は、黒のペンライトを光らせるのはやめようと思ったこと。これは、決してネガティブな思考から至った思いではありません。前を向いて突き進む彼らを、もっともっと応援するためです。荷物に忍ばせることはあっても、光はつけません。(ちなみにTEFBの青ペンラのストラップは黒なんですけど、それは許してほしいです。一つの大切な思い出として。)
2つ目は、笑顔を忘れないこと。どうしても切ない系の曲はこーちゃんを重ねてしまって泣いてしまったりするのですが…。でも彼らは私達に楽しんでほしいはず。うるっとしちゃうことは、これからもきっとあると思うけれど、笑顔で「楽しかった!」と言えるように全力で楽しみたいなぁと思います。
3つ目は、これからも「超特急」と「吉野晃一」を大好きでいること。私は下車するつもりなんてありません。これからも彼らが突き進む姿を見ていたい。一緒のレールを走りたい。またそれと同時に、別の道を選んだ彼のことも応援していたい。行く先は違っても、夢に向かって歩んでいることには間違いない。だからこそ、7人のことをずっと大好きでいようと決めました。


カイくん、その頭脳を使ってこれからもグループを纏めてください。そして、私の自慢の推しでいてください。大好きです。

リョウガくん、重い責任とは思いますが、グループのこれからをよろしくお願いします。私達8号車の道標となってください。

タクヤくん、表に大々的には出さないけれど、その心の中にある深い愛情でこれからもグループを包んでください。

ユーキくん、その高いポテンシャルでグループの幅をどんどん広げていってください。バラエティの出演も楽しみにしてます。

ユースケくん、誰に対しても優しい心で接するあなたは本当に素敵だと思います。どうか一人で抱え込まないでください。

タカシくん、あなたの歌声は私達を安心させてくれます。好きなように自由に歌って、その声で想いを届けてください。


晃一くん。
あなたのやりたいことは何ですか?それが何であろうと、私はずっとあなたのことを応援しています。それから、いつか私達にその素晴らしい歌声と笑顔をもう一度届けてください。不安になった時は、どうか思い出してください。あなたのことが大好きな人はたくさんいます。幸せに過ごしてください。

ずっとずっと、大好きです。


またいつか、逢えますように。